天気予報

フォト

☆映画大好き!!☆

  • 男たちの大和/YAMATO
    死ぬと言う事、守るということ、友情とは、家族とは、生きる意味とは・・・。極限の戦争時代に生きた日本人を描いています。 呉に造った実寸代1/1大和(6億円)が話題を呼びました。
  • プライベートライアン
    何度も見ています。戦争の生々しい悲惨さ、むなしさ、極限の状況下の人間模様がわかりやすく表現されています。 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:トム・ハンクス、エドワード・バーンズ、マット・デイモン、トム・サイズモア
  • 武士の一分
    1/8成人の日にMOVIX伊勢崎で観て来ました。一番空いていると思っていた15:20~からの上映ですが、9割がた埋まっていました。人気ですね。 しっとりした流れですが、ジョークあり、涙あり、感動あり、人生あり、男の維持あり、女の弱さと優しさありじっくり楽しめました。加世役の壇れいはちょっと綺麗過ぎましたかね(^_^;) 映画って、時間短いなぁ・・・と感じるほどじっくりと原作を読みたいいい映画でした。 家族は大事ですね。
  • 鉄道員(ぽっぽや)
    ひた向きな人生と幸せの接点が見えます。 主人公の佐藤乙松(おとまつ)は、北海道にある廃止寸前のローカル線・「幌舞線」の終着駅・幌舞駅(ほろまいえき)の駅長である。鉄道員一筋に生きてきた彼も定年退職の年を迎え、また、彼の勤めた幌舞線も廃止の時を迎えようとしていた。彼は幼い娘を病気で失い、また妻にも先立たれ、孤独な生活を送っていた。 ある雪の日、ホームの雪掻きをする彼のもとに一人の少女が現れる。それが、彼に訪れた優しい奇蹟の始まりだった。
  • ペイ・フォワード(次へ渡せ)
    シックスセンスで有名なハーレイ・ジョエル・オスメント主演の感動ストーリーです。 「日々暮らしの中に慣れきった人達は、良くない事もなかなか変えられない。きっと、だからあきらめる。でも、あきらめたらそれは負けなんだ。すごく難しい事なんだ。周りの人がどういう状況か、もっとよく見る努力をしなくちゃ。守ってあげる為に、心の声を聞くんだ。 ” 人 ” を立ち直らせるチャンスだ。」 観た後に、静かに心に残るいい作品です。
  • 蝉しぐれ
    ’06/04/15よりDVDレンタル開始しました。藤沢周平ワールドの地味でほのぼのとしていますが、真の強い愛を強く感じるいい作品です。
  • ラストサムライ
    時代の変わり目の描写と、日本の心を見つめなおすいい作品です。
  • カサブランカ Casablanca
    今までの自分の一番のお気に入りです。何回観たことか・・・
  • Kill.Bill(キルビル)
    判り易い復讐劇のVol.1と微妙な心理を描くVol.2
  • たそがれ清兵衛
    原作;藤沢周平 監督;山田洋次です。実直な清兵衛が実は意外と憧れだったりして・・・。こんな生き方が出来たらね。

「ブログパーツを貼るリスト名

無料ブログはココログ

映画・テレビ

2014年7月20日 (日)

オール・ユー・ニード・イズ・キル

20140721_153823_2 日曜日は久々に映画に。

この年代になると、¥1,100/人で観られるのねcoldsweats01
原作は日本のSF小説。ノンストップアクションですが、どんどん、自分だったらどうする?と考えさせられます。思いもかけない結論に導かれていきますが、20140721_154003 20140721_154120 その手法はアメリカ的
いっちゃえ~的な感じです。
最後は命を捨てて的にとどめを。特攻と変わらない感じが日本的。想像を掻き立てられるのでまた観たくなりました。
PS:日付を間違って座席を予約しちゃだめだなぁ~ 最前列の迫力ある動きに眼が付いていけなかったcoldsweats01

2014年1月19日 (日)

永遠の〇 見てきました・・・

20140110005831b8a きっかけは、会社の友人から借りていた文庫本を机に半年以上しまっておいて、見るたびに、そろそろ読んで返さなきゃなぁ~ と思って、1月からの出張の移動時間を利用して読まなきゃsign01と手に取り、タイトルを確認すると、

『 永遠の〇 』 http://www.eienno-zero.jp/index.html
今、一番見たい映画じゃないかsign03 movie観てからbook読むsign02book読んでからmovie観るsign02
結局、岡山出張から帰ってくる電車の車内でようやく読み切りました。なんせ、600ページもある大作ですup
娘を誘って、西新井へ。
飛行機の機内、電車の中でも涙をさんざんこぼしましたが、映画も素晴らしかったscissors
単純な戦争or反戦映画では、ありません。単純な恋愛ドラマでもありません。人間ドラマをじっくり堪能してください。
お勧めですup
Cimg0845Cimg0848Cimg0847 そういえば、富永愛×SPURセレクトの GALAXY NOTE3 カバー当たりましたsign03中々いいカンジです。裏側のカバー外して交換するタイプ。表面の手触り、液晶が触れる部分は柔らかくなっています。

 

2009年5月 3日 (日)

クローズド・ノート 良い映画です

51tmnl1xyxl__ss500_  3ヶ月前ごろにふと本屋で選んだ文庫本『クローズドノート』が映画になっていると、娘から聞いていました。

小説はとても感動したので、今日、レンタルビデオで借りてきて見ました。31gem8226xl__sl500_aa240_

ひょっとしたら、原作より良いかもsign02 限られた時間で、よく纏まっています。読んでいて想像したイメージに合っているし、小説のちょっと間延びしたところも無く、超えているかも。 実にすばらしい映画になっています。

『エリカ様事件』が無かったら、もっと大ヒットしている作品です。

心が疲れているあなた、是非・是非、観てくださいませhappy01

2008年7月21日 (月)

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2008

先日ネットで申し込んだ無料チケットが届き、行ってきました、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2008 http://www.skipcity-dcf.jp/index.html

2枚頂きましたので、家族に『誰か行かない?!』って、忙しいらしく返事なし・・・。まあいっかhappy01

最初の作品は、『Waiting for the sun 天気待ち』F05 映画に燃えた若き2人のプロデューサーの葛藤を描いた作品。「waitingsun_1m.asx」をダウンロード

出演:野村祐人 別所哲也 石川麻衣 山田将之 監督:奈良橋陽子
満を持して待つか・・・。『ピンチのときはチャンス!!』印象的でした。

午後は短編3作品でした。『おとうさんのたばこ』17分。S04 Dvc00055 帆香ちゃんの演技は上手かったし、10分でこんなドラマが表現できるんだと感心させられました。上映後の監督出演者を交えたQ&Aも楽しかった。「otousan_no_tabako_1m.asx」をダウンロード 

出演:朝田帆香 石村みか 山崎 一 監督:塩崎祥平

他2作品は『ハヤシライス』27分「hayashiraisu_1m.asx」をダウンロード と『エレファント・マド』59分「elephant_mado_1m.asx」をダウンロード 。 自分にはイマイチかなぁ~よく判らないまま終わった感じです。

S05 S06

大型作品も良いですが、ほのぼのとしたいい時間を貰いました。

2007年7月15日 (日)

父親たちの星条旗

519dqovazbl_ss500_ 外が台風で天気が悪いので、近くのウエアハウスで借りてきました。6月に『硫黄島からの手紙』を借りてきて見ていますので、比較もしたかった。

ジ~ンときたのは『父親~』ですね。戦場にヒーローなど無いのだと。あるのは、地獄と悲しみと・・・。映像がちょっとグロいのがねぇ・・・。

ズシ~ンときたのは『硫黄島~』ですね。日本らしい複雑な心理状態をよくあらわしていると思います。日本人だからでしょうか・・・。クリントイーストウッド監督が良く表現しましたね。

皆さんはどちらかなぁ・・・。

どちらも、戦争の悲惨さ、悲しさ、虚しさをしっかりと表現されています。一度、観てくださいね。

http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

2007年1月 8日 (月)

映画大好き!!

1/8成人の日にMOVIX伊勢崎で観て来ました。一番空いていると思っていた15:20~からの上映ですが、9割がた埋まっていました。人気ですね。

324298view002 しっとりした流れですが、ジョークあり、涙あり、感動あり、人生あり、男の維持あり、女の弱さと優しさありじっくり楽しめました。加世役の壇れいはちょっと綺麗過ぎましたかね(^_^;)

映画って、時間短いなぁ・・・と感じるほどじっくりと原作を読みたいいい映画でした。

家族は大事ですね。

2007年1月 7日 (日)

地雷処理機

Hu01_p01 今日放送の6チャン6:30~の『夢の扉』を見ましたか?

山梨日立建機(株)の雨宮社長が10年来挑み続けている地雷処理機のドキュメントです。今回は、カンボジアにおける新型地雷処理機の放映がありました。『自分の家族が被害にあったらどう思うだろう・・・』『技術屋として何とかしたい』 技術屋・・・。好きな言葉です。機械科卒業の自分としても、原点を揺り動かす言葉です。

雨宮社長は、以前からだいぶお世話になっています。とても、気さくな『修理工場長!』という雰囲気ですが、いざ、仕事のこと特に機械のこととなると、とっても厳しい人です。最近は、地雷処理機の関係で世界中を飛び回っており、帰ってきても、講演や打ち合わせで中々会えません。機械は既に50台以上をカンボジアを初めとして、アフガニスタン、各国に納入されています。メンテナンスやメカニックの指導も大変です。サービス担当の徳納さんというエンジニアは、半年は海外生活で飛び回っています。

明後日の朝の山日は、『テレビを見た』『感動した』との電話が鳴り止まないでしょう。対応も大変です。来週も後編を放映しますので、お見逃し無く。 そうそう、下記の日立のHPも参考にしてくださいませ。

http://www.hitachi.co.jp/advertising/tsukurou/ad/item01/index.html

PS:今晩の晩飯は、歩いて1分の登利平本店に初めて行って来ました。ボックス席で囲まれた静かな雰囲気です。061225_005 上は宴会場があります。ここの鳥飯は結構いけるんですよ。この間も鳥飯弁当を土産に家族に食べさせたら、『旨い!!』と食べていました。今日は、あったかい天麩羅蕎麦と鳥飯のセットで¥788。身体が暖まりました(*^^)v

http://www.torihei.co.jp/cgi-usr/top.cgi

最後に、はまちゃん、番組放映中にわざわざ電話頂き、ありがとう(^^ゞ

2006年10月22日 (日)

天使の卵

325421view003 娘の提案で、家族3名『天使の卵』を銀座に観に行きました。

東銀座の駅を降りて、歌舞伎座そばの大きな映画館でしたが、本日初回の観客は100名程度。意外と40代以上の方が多かった感じです。325421view001

ストーリーはちょっと単調(^_^;) 盛り上がりに欠ける感じがしました。画材や風景、紅葉のお寺のシーンは印象深かったです。

評価は星1つかなぁ・・・。 原作を読んでいる娘もイマイチとのことでした。

324298view006 予告編でやっていた『武士の一分』は是非見たい藤沢周平原作の映画です。1161149521_01 山田監督の藤沢シリーズの3部作最終作品で、12月1日ロードショウ。楽しみですね。324298view004

http://www.ichibun.jp/main.html

2006年8月20日 (日)

ゲド戦記

324031view003 知り合いの薦めもあり、前から高崎駅周辺を散策したいと思っていた事もあり、109シネマズ高崎で観てきました。

開演時間ぎりぎりでしたが、思ったよりも空いていました(414席)のでゆったりと前から4列目中央に列で一人だけで座れました。子供連れや小中高学生特に女性が多く見受けられました。おじさん一人ではちょと辛かったです(^^ゞ

《ファンタジー大作、スタジオジブリ作品、宮崎さんの息子の初監督作品、宣伝のあの唄声のアニメ、賛否両論》のキーワード(先入観)をもって観ました。324031view004

ファンタジー大作といえば、私はネバーエンディングストーリー、スターウォーズ、ハリーポッターのような活劇を想像してしまいますが、この映画はちょっと違いますね。

さて、観終わった素直な感想としては、命の大切さを再認識させられたこと、テルーの唄のすばらしさ、ジブリ作品としては荒削りだなぁ、見る人の年齢・期待する想いによって感想がまったく変わってしまう作品だなぁーと思いました。324031view002

原作を知らない小生としては、ストーリーを掴もうとしてもちょっと難しい状況でした。理屈から理解しようとする人、わくわく・ドキドキ・笑いと感動という娯楽として観ようとする人と特に子供には難しい作品です。ゲームばっかりやっている中高学生に特に観てもらいたいです。アニメの質的には、流れのテンポがやや悪いこと、動きが止まって長いセリフが多いことキャラクターのつめが甘いことなど、初監督なのでいろいろありますが、『もう一度、命の大切さを考えてほしい』という訴えはとても感動的に感じました。細かいことを気にせず、右脳で感じ取るように見てもらえれば本当にいい作品です。

324031view005 テルーの唄はすばらしかったです。ジーンとしました。

夕やみ迫る雲の上 いつも一羽で飛んでいる鷹はきっと悲しかろう

音も途絶えた風の中 空を掴んだその翼 休めることはできなくて

心を何にたとえよう 鷹のようなこの心 心を何にたとえよう 空を舞うよな悲しさを

日本人の繊細な侘びさびの心境ですねぇ・・・

観た後に、色々話したくなる作品です。

2006年7月22日 (土)

独眼流政宗

Ashb1038 先週、娘と近くのビデオレンタル店に行き、ぼ~と日本映画コーナー(最近、落ち着いた日本映画が心地よいのです(^^ゞ )を歩いていたところ、目に留まったのがこの『独眼流政宗』です。全3作のNHK大河ドラマDVDで、むか~し見て、よかったなぁ・・・という微かな記憶で1巻を借りて感動したので、残りの2巻も借りて観ました。

次期、伊達家の当主として生まれてきた重い宿命、幼少期に疱瘡で失った右目のハンディ、ユニークな和尚に鍛えられた少年期、若くして(18歳)当主になっての待った無しの決断、勇んで初めて先頭に立って挑んだ敗戦の苦悩、人質となった父の奪回時の苦悩の判断、めご姫への慈しみ、母親の愛を一心に受けた弟への嫉妬、母親がたくらんだ自らへの毒殺への悲しい対処、家の存亡をかけて不退転の決意で挑んだ秀吉との心理戦、欺きが発覚した絶体絶命の対処度胸、家康との信頼関係の築き上げ方、晩年、藩のために努力した仙台の国造り、等々、今の自分に役に立つことばかりです。 

また、故郷の誇りもあって好きですね。主役の渡辺謙の迫力のある荒削りな演技も最高です。レーザー光線のタイトルバックと音楽も記憶に残っていました。大河ドラマでは現在でも最高の視聴率を誇っているそうです。是非借りてみてくださいね。

Bunnerまた、仙台に行った際には、仙台市博物館http://www.city.sendai.jp/kyouiku/museum/index.html

松島のみちのく伊達政宗歴史館http://www.date-masamune.jp/index.htmlへどうぞ(^^ゞ

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

☆気に入ったねぇ・・・☆